電子マネーのデメリットとは

キャッシュレス社会にはクレジットカードのような審査が不要で誰でも発行できるカードが必要ですが、それには電子マネーが大きな役割を果たすでしょう。しかし、その電子マネーには様々なデメリットがあります。

キャッシュレス社会で必要な電子マネーについて問題やデメリットを紹介します。

チャージ金額以上の利用ができない

電子マネーでは、通常チャージをすることで料金を支払うことができます。しかし、チャージ金額以上の利用ができないというデメリットがあります。一部にオートチャージ機能がありますが、上限が低い金額で決まっているため、やや使いにくい印象です。

これはクレジットカードでオートチャージできる社会人であれば良いですが、子供や老人のようにオートチャージ機能が使えない場合はやや厄介です。キャッシュレス社会では誰もがキャッシュレスで買い物をするので、誰もが簡単に電子マネーを使える環境がないといけません。現状では電子マネーを使った全ての人がキャッシュレス社会へ移行することは難しいといえます。

補償が無い可能生がある

キャッシュレス社会では、カードの使用が増えるために犯罪に巻き込まれる機会も増えます。その際に電子マネーの補償の問題があります。クレジットカードでは不正利用の補償などがありますが、電子マネーではその補償がないということがあります。

そのため事前にチャージした金額については、不正利用が補償されないという事態になります。実はこれが 問題で以前、スマホを紛失した会社員が約300万円近くを不正利用されたというケースがありました。

ここから分かることは、現金は持っている分しか利用できませんが、電子マネーでは持っていない分もチャージ機能から利用されることもあります。

もし子供や老人がこういった電子マネーを使って買い物をしても、不正利用をされる可能生が非常に高いのです。 これは電子マネー業界が早めに、不正利用についての補償の仕組みを構築することがキャッシュレス社会の推進には必要です。