交通系電子マネーについて

電子マネーは2001年にJRが導入し、それから各社に広がりました。それまでは切符というもので、駅の改札に入り、目的の駅に到着したら、切符を使って出ると言うものです。これによってそれまでは成り立っていましたが、電子マネーの登場によって、社会は大きく変わりました。元々は改札や運賃の支払いが主なものでしたが、現在ではコインパーキングや自動販売機、コンビニなど様々場所で活躍しています。

交通系電子マネーの種類

交通系の電子マネーは主に鉄道会社で大きく分けてJRと私鉄の2種類に分かれます。

JR:Suica/icoca/

Suicaはjr東日本、東京モノレール、伊豆急行、富士急行などのサービスエリアで利用ができます。現在では、 私鉄でも利用できるので必ずsuicaが必要というわけではありません。SUICAはsuper urban intelligent cardの頭文字から取った物で、ペンギンのキャラクターでおなじみです。

私鉄各線:Pasmo

Pasmoは私鉄各線に対応する電子マネーです。小田急や京王、京急、相鉄、東急、東武、東京メトロ、西武などです。 現在はPASMOにチャージしてJRでも利用が出来るので、PASMOがあればSUICAが不要という状態ともいえます。