電子マネーのメリットとは

電子マネーのメリットとは何でしょうか。キャッシュレス社会を推進するという意味もありますが、もう少し個別に見ていきましょう。

電子マネーのメリット

電子マネーのメリットは4つほどあります。

クレジットカードと異なり、必要以上のお金を使わない

電子マネーはクレジットカードとは異なり通常は前払い式です。必要な分だけチャージすれば良いので、無駄な出費が抑えられます。これによって、低所得者や子供、老人でもキャッシュレス社会に十分馴染むことができます。クレジットカードでは 後払い式であることから、利用者の意識が高くないといけません。しかし、電子マネーでは支払い方法が前払いという特徴があり、これが多くの人が使いやすいというメリットになっています。

使用範囲が広い

電子マネーは利用用途が広く、クレジットカードと並んで日本のあちらこちらで利用ができます。例えば、コインパーキングや自動販売機、駅の売店や飲食店でも支払いができる店舗がほとんどです。キャッシュレス社会を目指す現在では、この利用用途が広い電子マネーはキャッシュレス化に最も現実的な手段として有効といえます。すでに多くの場所で導入されているので、利用者の知名度も高い他、今後導入するさいのコストも低くなります。

審査が無くても利用できる

キャッシュレス社会では、ほとんどの人がキャッシュレスで生活します。クレジットカードがキャッシュレス社会の主役になると、クレジットカードを作れない低所得者層や子供や老人がキャッシュレスになれず、終いにはキャッシュレス社会の推進そのものが失敗してしまうのです。

電子マネーは与信審査が不要なので、誰でも作ることができます。自己破産した方でも作れますから、これは誰でも保有できるキャッシュレス決済手段といえるので、他の手段よりも向いているのです


そのためキャッシュレスを目指すならば、まず電子マネーから攻めるべきともいえます。

オートチャージ機能も付けることができる

キャッシュレス社会になると、支払い金額が増えるようになり、電子マネーのチャージでは面倒になります。 そこでオートチャージ機能を付けることで、クレジットカードなどと連携し、自動で不足分をチャージしてくれるようになります。 これを利用することで、電子マネーのデメリットでもある前払い式チャージが不要になります。

キャッシュレス社会を推進するには、これが1番必要でしょう。